歯列治療における前歯と奥歯

従来までの歯列矯正治療では、特に前歯の見た目をキレイにすることが目的とされてきました。前歯の出っ張りは本人にとって大変大きな悩みになりやすいので、その点を早く治すために歯列矯正が発展してきたといっても良いほどです。歯列治療はそのため、小臼歯という前歯のすぐ後ろにある歯を抜歯し、隣接面を削ったりして前歯を奥に引っ込めるという方法がとられてきました。
しかしここ最近になって、この抜歯を伴う歯列矯正方法に疑問を持つ声が聞かれるようになってきました。というのは、矯正治療が終わったあとに不定愁訴という体調不良が生じやすくなったり、見た目こそきれいになったものの、ものを噛む時の感覚がおかしくなってしまった、うまく噛むことができなくなってしまったという人が増えてきたからです。
せっかく長い時間をかけ、高い費用を支払って行った治療にも関わらず、数年したらあっというまに歯並びが悪くなってきたという人の声も聞かれます。歯科医の中にも腕の良し悪しがあるので、場合によってはそのようなケースもあることは事前に知っておいたほうがよいでしょう。
歯並びの悪さとは、歯と顎の大きさのバランスだけで起こるものではありません。奥歯の傾斜方向や前歯の凸凹によって起こることがほとんどです。つまり一時的に見た目を整えても根本の生え方が改善されてなければ、時間の経過とともに同じ症状が出てしまうということになります。歯科医選びは慎重に行いましょう。