歯列矯正と歯のすき間

歯列矯正をするとき、歯を一定方向に押し続けると同時に、動く方向にスペースを作るようにしなくては効果を得ることができません。よく、歯列矯正を専門の歯科医師に頼まなくても、自分で毎日前歯を押し続けるようにしていけば、出っ歯は治るのではないかと考える人もいるようですが、実際にはうまくいくことはほとんどありません。それは、歯を後ろ側に動かすためには、歯と歯の間に適切なスペースがなければうまくいかないからです。
一般的に行われている抜歯をしての歯列矯正では、歯を間引くことにより強制的に歯の動くスペースを確保しそこへ前歯を押し戻すようにするという方法がとられています。従来までは抜歯をしなければこのスペース確保が難しいと思われていたので、歯列矯正と抜歯は必ずセットになるものと考えられてきました。
しかし最近開発された抜歯を伴わない歯列矯正の場合、奥歯を外側と後方にあらかじめ動かし、スペースを確保したのちに前歯を後ろに移動させるという方法がとられています。奥歯に十分なスペースを作り出さずに前歯だけ移動をさせようとしても、うまくいかずにさらに前の方向に歯が飛び出ていくことにもなります。
歯列矯正が担当をする医院や医師によって大きく治療方法に違いが出てしまうのは、このスペース作りの方法がそれぞれ違ってくるためです。採用する方法によって治療後の様子も変わってくるので、治療前にはしっかりとどのようにして歯を動かされるか確認をしておきましょう。